新しいフォルダ(総合)まとめ

2chとかのまとめサイトかも。ニュースや時事ネタ、アニメ、ゲーム、ガジェット、芸能なんでも総合のまとめサイトを目指しますん

  • Twitter
  • RSS

    1名無しさん@涙目です。2018/03/30(金)19:46:01.36 ID: pRMB58P80.net




     コンビニチェーン「ポプラ」「生活彩花」などを展開するポプラ(広島市)は3月30日、2018年2月期通期の連結業績予想を下方修正すると発表した。
    これまで1億7800万円の黒字としてきた今期最終が一転、7000万円の赤字に転落する見通しという。寒波による来店者の減少や、
    出店計画の遅れが原因としている。

     予想売上高は296億5300万円から287億6600万円、予想営業利益は4200万円の赤字から3億3600万円の赤字に下方修正する。

     ポプラによると、昨年12月以降の寒波の影響で来店者が減少し、アイスクリームや乳製品の売り上げが激減。
    大雪によって物流面も混乱し、商品の遅配や欠品が発生していたという。

     また、第3四半期に予定していた49店舗の出店が遅れたため、チェーン全体の売り上げが計画を18億1000万円下回った。
    これに付随して、加盟金収入不足、ロイヤリティ収入不足、商品リベートの減少——なども生じたとしている。

     対策として人員配置計画の見直しによる経費削減や、物流コース変更による物流費の圧縮などを図ったものの、
    収入不足を補えなかったため下方修正に至ったと説明している。
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1803/30/news104.html


    sh_pop_02


    【【悲報】ご飯つめすぎコンビニ「ポプラ」さん 3億3600万円の赤字…】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2018/01/29 07:12:33.65 ID:n197XcUT0.net
    2018平昌五輪の公式パートナーであるマクドナルドが100%平昌韓牛で作られた、いわゆる「平昌バーガー」を発売する。

    この「平昌バーガー」は数量が1万個限定となっており先着順だという。平昌五輪を記念して作られた
    「平昌バーガー」は江原道平昌地域で育った韓牛をパティにしているのが特徴。

    そのほかに松茸ソースとゴールデンポテトが入っており深い風味と豊かな食感を得られるほか、
    チェダーチーズも沢山入っており、ハンバーガーマニアにはたまらない一品になりそうだ。

    マクドナルドは1月30日の午前11時から1万個限定で販売。価格は未定。

    http://gogotsu.com/archives/36772
    JgpgaYOnFWR

    【【マクドナルド】平昌五輪にあわせて発売される「平昌バーガー」の見た目がやべぇwwwwwwwww】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/22 06:02:38.92 ID:CAP_USER9.net
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/030800018/011800452/

     2017年12月18日、定食チェーン「大戸屋ごはん処(以下、大戸屋)」を展開する大戸屋ホールディングスが記者会見を行い、同社の窪田健一社長が今後の戦略について語った。

     大戸屋の人気メニューを集めたレシピブックの発売や期間限定メニューが発表されたが、なかでも注目は業務効率化に向けたある施策だ。「2018年中に、直営全店の客席にオーダー用のタブレット端末を設置する予定。一部店舗にはセルフレジも導入する」(窪田社長)という。大戸屋はオフィス街や住宅街などに全国展開しており、一人客でも家族でも使いやすい、ファミリーレストラン的位置付けの定食店だ。人気メニューである「チキンかあさん煮定食」に代表されるように、家庭料理のような手作りの味が支持されてきた。だが、注文や会計をとるフロアスタッフがいないとやや温かみにかけるような気がする。

     業務を効率化する背景には、飲食業界全体が抱える人手不足という問題があった。同社では3年ほど前から従業員が集まりにくい状態が続いており、「現場にも疲れが出てきた」と窪田社長は話す。店舗を運営するには調理スタッフとフロアスタッフが必要だが、大戸屋は全てのメニューを店内で調理しているため、まずは調理スタッフの確保が重要。「キッチンは効率化できない」(窪田社長)ことから、フロアの業務改善に着手。一部の店舗でオーダー用のタブレット端末、客の順番受付や呼び出しを管理するアプリを試験導入したところ、「オーダー用端末は業務改善につながっていると感じた」と窪田社長は説明する。

     だが、注文や会計という手順をカットすれば、フロアスタッフの業務は料理提供だけになってしまう。客へのホスピタリティーをどうやって示せばよいか。そこで同社が考えたのが、オープンキッチンの導入だった。「シェアー・リビング・キッチン」をうたうこの施策について、窪田社長は「自宅で母親が料理をしている姿を見ながらご飯の時間を待つワクワク感や幸福感を再現したい」と導入の狙いを語る。

     オープンキッチンはすでに新丸の内センタービルディング店で導入されている。大戸屋の通常の店舗では調理場は別室になっているが、フロアと同じ空間に厨房を設けることで、仕込みや調理、盛りつけなど一連の作業が見える構成だ。2018年中に新規・改装店舗を含め、約10店舗を全国のオフィス街を中心に展開していくという。また、大戸屋のフランチャイズ店では200店舗を目標に、徐々にオープンキッチンに切り替えていくという。

     また、人員不足だけでなく、人件費の値上がりも飲食業界全体が抱える問題だ。仕入れ価格の高騰も続いている。窪田社長は商品価格について「いずれは値上げせざるを得ない」と話す。だが、業務を効率化して人件費を削減することで、当面は価格に転嫁しない方針だ。
    qIhVk3Ej9hP

    UxAVwpjmK83

    【【経済】大戸屋がセルフ化へ J( 'ー`)し感どう演出?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/01/15 09:18:54.33 ID:CAP_USER9.net
    主な野菜の販売価格
    wR7TrFv9mS7


    野菜の高値傾向が、年明け以降も続いている。

     昨年秋の台風による被害や日照不足の影響が尾を引いているためだ。冬の鍋料理に欠かせないハクサイやダイコンの価格は、平年の2倍前後の水準で推移しており、家計への影響も広がっている。

     東京・大田市場によると、今月5~11日の平均卸売価格は、ハクサイが15キロ・グラム当たり2138円で前年同期の1・6倍、ダイコンも10キロ・グラム当たり2290円で2・7倍だった。

     また、キャベツは同3175円で3・1倍、レタスも同6869円で3・5倍となるなど、葉物野菜を中心に高値で推移している。

     主産地の関東近郊で、長雨に伴う日照不足や台風の上陸、低温などの天候不順が続き、野菜が傷ついたり生育が遅れたりして、出荷量が減っているためだ。

    (ここまで333文字 / 残り163文字)

    2018年01月15日 07時09分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180114-OYT1T50116.html

    関連スレ
    【経済】野菜高騰、ハクサイ2倍=鍋の季節に家計圧迫―農水省 ★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515720316/
    【【高騰】野菜高すぎてワロエナイ… キャベツ3.1倍、レタス3.5倍、ダイコン2.7倍、ハクサイ1.6倍】の続きを読む

    このページのトップヘ