新しいフォルダ(総合)まとめ

2chとかのまとめサイトかも。ニュースや時事ネタ、アニメ、ゲーム、ガジェット、芸能なんでも総合のまとめサイトを目指しますん

  • Twitter
  • RSS

    スポーツ

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ ID:???
    上西小百合衆院議員(34)が20日、再度、自身の公式ツイッターを更新し、浦和レッズに面会を申し入れ、断られていたことについて、あらためて見解を示した。

    「レッズ側は上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう。ただ話をしないというのは怠慢です。
    私がレッズサポーターと揉めて得する事はない。会社がサポーターに追い付いていないんでしょう。
    百年構想が五十年で実現するかもしれないビッグクラブなのに、フロントがそれなら百年かかりますね。」とつぶやいている。

    上西氏はこの直前のツイートで「先程、浦和レッズ広報部より連絡がありました。
    私との面会を辞退するとの事でした。理由は“わざわざお越しいただくのも大変恐縮”との事でした。
    勿論これが本音ではなく、面倒な仕事を持ち込むなということでしょうが、日本を代表するビッグクラブの対応だとすれば、お粗末と思います」とつぶやいている。

    上西氏は15、16日に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと連続ツイートし、炎上騒動を巻き起こしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000182-sph-soci
    162: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ ID:???
    >>2
    まさに
    語るに墜ちるw
    【【炎上商法失敗】上西小百合議員「浦和レッズが私との面会を辞退しました。上西の炎上商法に付き合う気はないという事でしょう」】の続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ ID:???
    アジアサッカー連盟(AFC)は20日、済州ユナイテッド(韓国)の2選手が
    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・浦和レッズ戦の乱闘騒ぎで受けた処分を軽減すると発表した。

     AFCは当初、浦和戦で問題を起こしたDFチョ・ヨンヒョンに6か月の出場停止と
    罰金2万ドル(約220万円)、DFペク・ドンギュに3か月の出場停止と
    罰金1万5000ドル(約165万円)の処分を科すことを決定。前者は試合中に
    退場処分となりながらも終了後にピッチへ乱入して審判に抗議を行い、
    後者は浦和MF阿部勇樹の顔にエルボーを入れる暴力行為に及んでいた。

     しかし、処分を不服として済州が行った異議申し立てが認められ、
    チョ・ヨンヒョンの出場停止が6か月から3か月、ペク・ドンギュの出場停止が
    3か月から2か月にそれぞれ軽減。韓国『朝鮮日報』では
    「浦和の選手たちの挑発があり、チョ・ヨンヒョンの場合は意図的ではなく、
    模範的なキャリアを積んできた」と理由を挙げている。

    ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-01641940-gekisaka-socc
    【【サッカー】AFC、“乱闘”済州の処分を軽減「浦和の挑発があり、意図的ではなかった」★2】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/19 17:20:39.37 ID:CAP_USER9.net
    J1浦和が“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34)のツイッター炎上事件に大困惑している。
    15日の浦和―ドルトムント(ドイツ)戦に関する上西氏のツイートを発端に起きた「上西議員VS浦和サポーター」の構図は、ついにクラブにも飛び火

    同氏が浦和との直接対話を求めるとともに、本拠地・埼玉スタジアムでの試合観戦まで宣言したことで、Jリーグ後半戦で逆襲をもくろむチームへの影響が懸念される。

    浦和がまたもや厄介な案件に巻き込まれた。上西氏が浦和―ドルトムント戦について、ツイッターで「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とつぶやいたのをキッカケに
    「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とサポーター批判まで展開した。

    すると、浦和ファンと思われる者からファクスやSNSで殺害予告が届く事態に発展。同氏は19日に警察へ被害届を提出することを表明するなど騒動は収まる気配を見せない。

    そんな中、上西氏は一連のツイートに関して謝罪、撤回する意思はないとした上、殺害予告の対応を協議するため浦和との直接会談を希望。また上西氏の秘書、笹原雄一氏(53)が
    「チケットはこちらで用意する。SPはいらない。万一のことがあってもレッズには何も求めない」とツイートし、埼スタで試合を観戦したい意向も明かした。


    この日、浦和の松本浩明広報部長は「(上西氏からの)連絡は確認していない。(18日は)事務所が休みなので連絡が取れなかったのかもしれない。
    連絡があれば、お話を聞くことになるが、こちらは待つしかない。こっちから聞くわけにはいかない」。
    また試合観戦や直接協議などの対応についても「今の時点では何とも言えない。上西氏が埼スタで観戦? どうなんでしょうね」と困惑の表情を浮かべた。

    当初、浦和にとっては一部サポーターと上西氏の“場外乱闘”でしかなかったが、直接対応や試合観戦を希望されて静観できなくなった。
    特に国会議員のスタジアム訪問を拒否するわけにはいかない。

    万が一の事態に備えて警備員やスタンド以外の別室観戦を手配する準備も必要となるだけに、浦和関係者は「はっきり言って迷惑」とあきれ気味に語った。

    成績不振によるミハイロ・ペトロビッチ監督(59)の辞任騒動が、ようやく落ち着きかけた時期に降ってきた難題。
    済州(韓国)とのアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦(5月31日)では大乱闘事件もあり、松本広報部長も「今年は何かしらありますね」と苦笑いするしかない。

    今季不振の浦和が、Jリーグ後半戦で巻き返しを誓っていた矢先のハプニング。
    まだまだ波紋を広げそうな“上西問題”が、今後の成績に影響を及ぼすようなことがあれば、サポーターの怒りをさらに燃え上がらせることになりそうだ。

    7/19(水) 16:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000045-tospoweb-socc

    写真
    20170719-00000045-tospoweb-000-view


    2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/19 17:21:37.19 ID:pypePwva0.net
    そらそうだ
    【【サッカー】<上西小百合衆院議員>埼スタ観戦&会談要求 浦和「はっきり言って迷惑」】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/18 22:49:14.76 ID:CAP_USER9.net
     衆院議員の上西小百合氏(34)が18日夜、サッカーファンを怒らせて大炎上中のツイッターに「よしっ、球児!」と投稿した。阪神・藤川球児投手が登板した同日の広島戦(阪神敗戦)をテレビ観戦していたもようだが、猛烈な非難のコメントを集める結果となっている。

     上西氏は藤川投手が登板した時間帯に「よしっ、球児!」と投稿。リンク先のインスタグラムには藤川投手のグッズ写真を投稿した。

     上西氏は阪神ファンを公言しているが、サッカー・浦和レッズのサポーターを敵に回してツイッターが大炎上している中での投稿には、猛烈な勢いでコメントがついた。

     「スポーツに関わらないでください」「次は野球か」「阪神ファンの方々、すみません、変なのが…」と散々な書かれようで、野球ファンからは「疫病神は野球界に近づかないでください」「やめて!野球みないで!」「阪神の質が下がる」とのコメントも。

     「仕事しろ」「暇なのか」とのツッコミもみられる。

     上西氏は、15日のサッカー・浦和-ドルトムント戦に関し「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と投稿。反発するサッカーファンの投稿に対し「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と、火に油を注ぐかのように投稿を続け、騒動が拡大した。

     議員事務所には殺害予告ともとれるファックスなどが届き、議員事務所は19日に警視庁に被害相談を行うことを明らかにしている。

    7/18(火) 22:26配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000147-dal-ent
    【【野球】<上西小百合議員>大炎上中に阪神・藤川球児にツイッターで声援…野球ファンから非難殺到「野球みないで!」】の続きを読む

    このページのトップヘ