1: あずささん ★ 2018/02/06 08:49:55.76 ID:CAP_USER9.net
自衛隊のヘリが、住宅地に墜落・炎上し、1人が死亡、1人が安否不明となっている。
墜落の瞬間をとらえた、ドライブレコーダーの映像。
水平に飛行していたヘリコプターが突然、コントロールを失い、住宅地にほぼ垂直に落下していくのが確認できる。
墜落したのは、陸上自衛隊目達原駐屯地所属の攻撃ヘリコプター「AH-64D」。
5日午後4時43分ごろ、佐賀・神埼市の住宅街に墜落し、炎上した。
目撃者は、「爆発音とともに、主翼のプロペラが折れて、そして機体が先に、真っ逆さまに2?3秒で、もう落ちた」、「プロペラの不具合かわからんけど、なんか、ギャーっていう、エアコンの室外機の故障したような、大きな音だった」などと話した。
墜落したヘリコプターは、所属する陸上自衛隊目達原駐屯地から、整備点検後の試験飛行をしていたところ、南におよそ6km離れた住宅に、機首から落下した。
墜落現場から200メートルほどの畑には、ヘリコプターのものとみられる部品が散乱。
どの時点で落下したのかは、わかっていない。
防衛問題にくわしい、フジテレビ・能勢伸之解説委員は、「テールローターが、なんらかのトラブルで、うまく働かないという状況になったときに、ヘリのパイロットの方たちは、基本的には、機首を前に倒して、それでメインローターの力だけで、とにかく前に進もうと。危険ではないところに向かって、進もうとしたのかもしれないですね」と語った。
この事故で、乗員の自衛隊員・高山啓希1等陸曹(26)が死亡し、斉藤謙一2等陸佐(43)が、安否不明となっている。
また、ヘリが墜落した住宅の小学5年生の女の子が、足に軽いけがをした。
山崎幸二陸幕長は、「(墜落の原因について?)現在のところ、まだ不明であります。事故調査委員会を立ち上げましたので、しっかりと原因究明をしたいと思っております」と述べた。
事故を受け、小野寺防衛相は、同型のヘリ12機の飛行を停止し、全てのヘリの点検整備を指示した。 (サガテレビ)

※動画はソース元にて
ソース/FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00384083.html
【【ソース元に動画】佐賀 自衛隊ヘリ墜落の瞬間とらえた映像】の続きを読む