新しいフォルダ(総合)まとめ

2chとかのまとめサイトかも。ニュースや時事ネタ、アニメ、ゲーム、ガジェット、芸能なんでも総合のまとめサイトを目指しますん

  • Twitter
  • RSS

    地震

    1いちごパンツ ★2018/06/18(月)08:02:57.42 ID: CAP_USER9.net

    https://emergency-weather.yahoo.co.jp/m/weather/jp/earthquake/20180618075838/?1529276427

    地震情報
    2018年6月18日 8時01分発表
    この地震による津波の心配はありません。
    発生時刻 2018年6月18日 7時58分ごろ
    震源地 大阪府北部
    深さ 10km
    マグニチュード 5.9
    緯度/経度 北緯34.8度/東経135.6度
    最新の情報に更新
    各地の震度

    震度6弱
    【大阪府】
    大阪府北部
    震度5強
    【京都府】
    京都府南部
    震度5弱
    【滋賀県】
    滋賀県南部
    【兵庫県】
    兵庫県南東部
    【奈良県】
    奈良県
    震度4
    【福井県】
    福井県嶺南
    【岐阜県】
    岐阜県美濃中西部
    【愛知県】
    愛知県西部
    【三重県】
    三重県北部
    【滋賀県】
    滋賀県北部
    【京都府】
    京都府北部
    【大阪府】
    大阪府南部
    【兵庫県】
    兵庫県北部 兵庫県南西部 兵庫県淡路島
    震度3

    jishin_building



    【【地震】大阪で震度6弱 深さ10km マグニチュード5.9のもよう】の続きを読む

    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/13 08:48:15.10 ID:CAP_USER9.net
     【台北=牧野田亨】台湾の民間調査研究機関は12日、東部・花蓮県を6日に襲った地震に関する世論調査結果を発表した。

     台湾に最も思いを寄せてくれた国を問う設問では「日本」との回答が75・8%に達し、一番高かった。次は中国だが、1・8%にとどまった。

     日本は安倍首相がフェイスブックで応援メッセージを手書きし、激励する動画を公表。外国として唯一、救助支援の専門家チームも派遣した。台湾メディアは、東日本大震災時に受けた台湾の支援に報いようと、日本で募金など支援の輪が広がっていることを報じている。もともと親日的であるうえ、こうした動きが高い評価につながったようだ。

    調査は9~10日に電話で行い、約1000人から回答を得た。

    http://yomiuri.co.jp/world/20180212-OYT1T50081.html
    【【世論調査】台湾に思い寄せてくれた国 1位「日本」75.8% 2位「中国」1.8%wwwww】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/02/09 08:35:58.60 ID:CAP_USER9.net
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161733?act=all

    2018年2月9日 6:29 発信地:中国
    【2月9日 時事通信社】台湾東部の地震で、蔡英文政権が中国ではなく日本の救援チームを受け入れたことに中国国内で反発が出ている。共産党機関紙・人民日報系の環球時報(電子版)は8日、「大陸を拒絶しながら日本の援助を受けるのか?」と題する記事を配信した。

     環球時報によると、台湾総統府報道官は8日、救援の人員や物資は足りていると説明し、中国などの援助を辞退しながら「唯一の例外は日本だ。高価な探査機を持っている」と発言した。日本の救援チームは8日、震源地に近い花蓮で、傾いたビルで人命探査装置による捜索活動を始めた。

     中国ではもともと、台湾独立志向の民進党・蔡政権への警戒心が強い。中国のインターネット交流サイト(SNS)は、今回の地震で改めて浮き彫りになった日台の親密ぶりに「台湾独立分子の目には、中国は敵で日本は身内と映っている」などと台湾を非難する書き込みであふれている。

     中国メディアは、安倍晋三首相が毛筆で「台湾加油(頑張れ)」と慰問のメッセージを書いたことも併せて伝えている。(c)時事通信社
    【【台湾地震】中国「大陸を拒絶しながら日本の援助を受けるのか?」 台湾「高価な探査機を持っているし」】の続きを読む

    1: Scott ★ 2018/02/08 23:43:08.64 ID:CAP_USER9.net
    YNV4Gbq6FNy


    2018年2月8日、首相官邸は、6日夜の地震で多数の被害が出た台湾に向けて「全力を尽くして支援を行っていく」とのメッセージをフェイスブック上に掲載した。安倍晋三首相の署名が入った「台湾加油(台湾頑張れの意)」の文字が添えられており、中国・観察者網は台湾メディアがこれを評価したことを伝えている。

    この地震では複数の建物が倒壊するなどし、多数の死傷者が出ている。メッセージは被害に遭った人々に見舞いの意を伝えるなどした上で、東日本大震災で日本が台湾から受けた支援への謝意を表明。最後は「日本政府として(中略)全力を尽くして支援を行ってまいります」という言葉で締めくくられており、これに添えられたのが、毛筆で書かれた「台湾加油」だ。

    台湾・中央社は「安倍首相が就任後、初めて『直筆の書』という形で台湾にエールを送った。しかも一目瞭然だ」と評価。また、中華圏のネットユーザーからは「日本の思いやりに感謝します」「安倍首相はかっこいいし、文字もきれい」「ありがとう日本!」などのコメントが寄せられていた。

    レコードチャイナ:http://www.recordchina.co.jp/b568432-s0-c10.html
    【【台湾地震】安倍首相が直筆で「台湾加油」】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/02/07 05:58:40.15 ID:CAP_USER9.net
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318501000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    2月7日 5時50分
    日本時間の7日未明、台湾東部付近を震源とするマグニチュード6.4の地震があり、これまでに2人が死亡、200人以上がけがをし、日本人の宿泊客が多いホテルでも一部の階が押しつぶされる被害が出ていることから、「日本台湾交流協会」が日本人の被害状況について確認を急いでいます。

    日本時間の7日午前0時50分ごろ、台湾東部の花蓮県から北北東におよそ20キロを震源とする地震があり、震源の深さはおよそ10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.4と推定されています。

    震源に近い花蓮市を中心に、建物が倒壊したり傾いたりするなどの被害が出ていて、台湾当局によりますと、これまでに2人が死亡、202人がけがをしたということです。

    このうち日本人の宿泊客が多い花蓮市の「マーシャルホテル」は、建物の下の階が押しつぶされ全体が大きく傾いていて、台湾メディアによりますと、これまでに日本人を含む116人が救助されたものの、従業員3人の行方がわからなくなっているということです。

    地震発生当時、現地にいたNHKのスタッフは「ホテルの周辺には多くの日本人の姿が見られ、路上や近くの別のホテルに避難していた」と話しています。

    現地メディアによりますと、建物が大きく傾いたホテルの宿泊客の中は日本人が含まれているということですが、安否については明らかになっていません。台北にある日本の窓口機関「日本台湾交流協会」が日本人の被害状況について現在、確認を急いでいます。

    地元の気象当局は「今月4日から花蓮県付近を震源とする体に感じる地震が94回の起きており、今回の地震はそのなかでも最も大きい。地震活動は今後2週間から3週間、続くと見られる」として、警戒を呼びかけています。

    傾いたホテルは

    台湾の花蓮県で起きた地震で、一部の階が押しつぶされ大きく傾いているのは、「マーシャルホテル」というレジャーホテルです。

    日本の旅行会社の案内によりますと、部屋数は200以上あり、ジムやサウナ、屋外プールがあるほか、カラオケ施設なども完備しているということです。

    花蓮市の中心部にあって利便性もよいことから、日本人の利用も多いことで知られています。

    ホテル宿泊 日本人どうしで安否確認「おそらく全員無事」

    地震で建物が大きく傾いたマーシャルホテルの周辺には、宿泊していた日本人観光客や地元の人たちが避難していました。
    このうちツアーで花蓮県を訪れ「マーシャルホテル」に宿泊していた日本人の男性は、NHKの取材に対し、一緒に宿泊していた日本人どうしで安否の確認をしたとして、「おそらく全員無事だ」と話していました。

    また、ホテル周辺は安全確保のため警察が立ち入りを規制しており、台湾人の男性は「私の妻が兄を捜しに立ち入り禁止区域に入り、戻ってきません。建物が大きく壊れている以外、どのような状況なのか全くわかりません」と混乱した様子で話していました。

    「日本人は全員ロビーに集まっている」

    花蓮県のホテルに家族と滞在していた日本人の男子大学生は、NHKの取材にツイッターで応じ、「2秒ぐらい縦に揺れたあと、1分ほどの大きな横揺れが続き立っていられない状況だった。全員ホテルの外に避難したが、安全なのでホテルに戻るよう言われた。しかしその後も大きい余震が続き不安なので、日本人は全員ロビーに集まっている。1階が倒壊したという近くのホテルの宿泊客も自分たちのホテルに避難してきている」と話しています。

    地震発生の瞬間 映像に

    花蓮県の中心部にあるレンタルビデオ店に設置された監視カメラが、地震が発生した瞬間の様子を捉えていました。店内の棚に並べられたレンタル用のDVDなどが小刻みに揺れ出したあと、大きな横揺れが起きて棚そのものが次々と倒れ、DVDなどが床に散乱しました。
    また、店内にいたスタッフや客と見られる人たちが揺れに耐えながら慌てて逃げる様子も、映っています。

    過去にも大きな地震

    台湾では過去にも規模の大きな地震がたびたび発生しています。

    1964年1月には、台湾南部を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生し、住宅が倒壊するなどして100人以上が死亡しました。

    また1999年9月に台湾中部で発生したマグニチュード7.7の大地震では、コンクリート製の建物などが倒壊し、2400人以上が死亡しています。

    さらにおととし2月にも、台湾南部を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生し、マンションが倒壊するなどし、110人以上が死亡しました。
    【【地震】台湾でM6.4 2人死亡200人以上けが[6時11分時点]】の続きを読む

    このページのトップヘ