新しいフォルダ(総合)まとめ

2chとかのまとめサイトかも。ニュースや時事ネタ、アニメ、ゲーム、ガジェット、芸能なんでも総合のまとめサイトを目指しますん

  • Twitter
  • RSS

    憲法

    1: 名無しさん@涙目です。 ID:???

    KwkqGM81xio


    ヒゲのニラさん‏ @higenonirasan

    今日は9月19日。国会前に来ています。凄い人。国会前の道に延々と人がいる。
    共産党の志位さんが「野党共闘は野党と市民の共闘であって、民進党と共産党のものではない」と挨拶。カズオいいぞっ!


    GAKU🎉‏ @GAKU_IZ

    本日の国会正門前集会、1万500人の参加と報告がありました

    【【パヨク】国会前のデモに1万500人!(自称) 戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/20 06:31:15.96 ID:CAP_USER9.net
     10月22日投開票の公算が大きくなった衆院選をめぐり、自民党は安倍晋三首相(総裁)が打ち出した憲法9条に自衛隊を明記する改正案を選挙公約に盛り込む方針を固めた。党内には首相案への反発も残ったままだが、党憲法改正推進本部が近く公約の素案作成作業に入る。

     安倍首相は5月、9条1項、2項を残しつつ、自衛隊の存在を新たに書き加える改正を提案。臨時国会で党の改憲原案として各党に示すため、党推進本部が9条を含む4項目を議論していた。推進本部の保岡興治本部長は19日、高村正彦副総裁と会談。推進本部が主導して、改憲についての公約素案をつくる方針を確認した。

     推進本部幹部は「首相の9条改正案は現実的だ、と党内はみんな理解している。公約に入れ、国民に示さなければならない」と明言。20日に開かれる推進本部執行役員会で議論を始める見通しを示した。官邸幹部も「自衛隊明記の改憲は公約に入れる。党で作業してもらう」と語った。

     自民党は2012年に、2項でうたう交戦権の否認や戦力の不保持を削除する内容の改憲草案をまとめている。今月の推進本部であった9条改正の議論では、草案にこだわる石破茂・元防衛相らから首相提案を優先することへの異論が出ていた。石破氏は19日のテレビ番組でも「(衆院選の)公示までに『自民党の案だ』と党議決定できるか、時間的に難しい」と述べ、首相提案通りに公約化することに難色を示した。

     自民党は14年の衆院選公約の憲法改正の部分では「憲法改正原案を国会に提出し、国民投票を実施、憲法改正を目指す」としているが、具体的な改正条文には触れていない。

    配信2017年9月20日05時02分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9M4V6JK9MUTFK00H.html
    【【憲法】衆院選の自民公約「9条に自衛隊明記」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/09/11 03:54:48.12 ID:CAP_USER9.net
    ◆「9条があれば戦争にならない」という言葉

    ■「ならない」と「できない」の違い

    北朝鮮の地政学的リスクが少しは肌で感じられるようになったせいか、与党批判は少し鳴りを潜め、批判の矛先は野党に向かったかのような気がしないでもない。
    しかし、それでも未だに「9条があれば戦争にならない」という意見もよく耳にする。

    この「9条があれば戦争にならない」というのは、「施錠しなければ泥棒は入ってこない」という言葉と同じようものだと揶揄されることがある。
    世間一般の常識から考えると「施錠すれば泥棒は入ってこない」が正しいはずなので、「施錠しなければ泥棒は入ってこない」というのはどこかおかしいことになる。

     ○「施錠すれば泥棒は入ってこない」
     ×「施錠しなければ泥棒は入ってこない」

    「鍵をかければ泥棒は入ってこれない」、これは物理的に正しい。
    では、「9条があれば戦争にならない」はどうだろうか?

    9条というものは物理的なものではなく、観念的なものであるので、目に見えない効力でもない限り機能しない。
    9条が『般若心経』のような経典であれば何かしらの効力があるかもしれないが、そういうものでもない。

    となると、「9条に戦争を抑止する効力がある」という言葉は、どこから出てきたのか?という疑問が生じる。
    現在の日本国憲法がGHQ製であることは広く知られている。

    日本の想定外の戦力(士気)に恐れをなした戦勝国側が、2度と日本に戦争を起こさせないようにするために作られたものが、現在の日本国憲法であり、9条はその中心的な役割を持った条文だった。
    戦勝国側の視点に立てば、「9条があれば戦争にならない」ではなく、「9条があれば戦争できない」というのが、本当の目的だった。

    この「できない」が、いつの間にか「ならない」という言葉に置き換わってしまった。
    戦勝国側ではなく戦敗国側の視点から見た言葉になってしまった。
    戦争することを封じるための言葉が、戦争自体が無くなるという言葉に変化してしまったということになる。

     (戦勝国側)「9条があれば戦争できない」
     (戦敗国側)「9条があれば戦争にならない」

    この2つの言葉には、大いなる言葉の歪曲がある。

    ■護憲派の精神構造

    都会に住んでいる人は出かける時に施錠することは常識であり、自宅の中にいる時でさえ施錠するのが一般的だが、田舎に住んでいる人は、少し近所に出かける程度なら、わざわざ施錠しない人もいる。
    田舎に住んでいる人が都会に出てくると、在宅中の人でも施錠していることにカルチャーショックを覚えることがあるらしい。
    わざわざチャイムを鳴らさないと玄関ドアが開かないことに違和感を感じるらしい。

    ある意味、その感覚が、護憲派と言われる人々の感覚なのかもしれない。
    戦後70年間も牧歌的な田舎(日本)のような空間で暮らしてきたため、都会(他国)のようにコソ泥や詐欺師の被害に遭遇する危険性もなかった。

    しかし現代では、日本にも多くの文化の違う外国人が訪れ、観光地に行けば、日本人よりも外国人の方が多いというような感じになっている。
    外国人が悪いという意味ではないが、いつの間にか、牧歌的な日本は、都会の喧噪の中に呑み込まれてしまう時代を迎えてしまった。
    周りを見れば、人が溢れ、その中にはコソ泥や詐欺師も混じっている。

    そんな状況下で、いつまでも「施錠しなければ泥棒は入ってこない」などという暢気なことを言って、本当に施錠せずにいると、気付いた時には、家財用具一式、コソ泥被害に遭うということになってしまう。
    その時になって、「なぜ、施錠していないのに泥棒が入ってきたのだ!」と憤っても後の祭りであり、その泥棒が自宅に侵入した理由は、他ならぬ、自分自身にある。
    そして、その盗人被害は、真面目に施錠している人々にも及ぶということを知らねばならない。

    http://blogos.com/article/245330/?p=1

    ■前スレ(1が立った日時:2017/09/10(日) 23:15:32.70)
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505061643/
    【【憲法】護憲派「憲法9条があれば戦争にならない!」←これ】の続きを読む

    このページのトップヘ