新しいフォルダ(総合)まとめ

2chとかのまとめサイトかも。ニュースや時事ネタ、アニメ、ゲーム、ガジェット、芸能なんでも総合のまとめサイトを目指しますん

  • Twitter
  • RSS

    沖縄

    1: 復讐の鬼 ★ 2018/02/05 04:31:45.47 ID:CAP_USER9.net
    8yfgKtB2Ko5


    沖縄県名護市の市長選挙は4日に投票が行われ、自民・公明両党などが推薦し、地域経済の活性化を前面に掲げた新人の渡具知武豊氏が、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた現職を破って初めての当選を果たしました。

    名護市長選挙の開票は終了しました。

    ▽渡具知武豊(無所属・新)当選、2万389票
    ▽稲嶺進(無所属・現)1万6931票

    自民党、公明党、日本維新の会が推薦する新人で元市議会議員の渡具知氏が、民進党、共産党、自由党、社民党、地域政党の沖縄社会大衆党が推薦し、立憲民主党が支持する現職の稲嶺氏を破って、初めての当選を果たしました。

    渡具知氏は名護市出身の56歳。20年近く市議会議員を務め、今回初めて市長選挙に立候補しました。

    アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向け、護岸工事が進む中で行われた今回の選挙戦で、渡具知氏は、移設問題の賛否には直接言及せず、前回自主投票だった公明党の推薦も受けて、地域経済の活性化を前面に掲げました。

    その結果、自民党や公明党の支持層を固めたほか、いわゆる無党派層からも一定の支持を集め、初めての当選を果たしました。

    一方、辺野古への移設阻止を訴えた現職の稲嶺氏は、沖縄県の翁長知事の支援を受けて3期目を目指しましたが、及びませんでした。

    渡具知氏は「2期8年の今の市政に対する閉塞感と、これからの名護市の経済振興や子育て世代に対する支援などを訴えたことで全般的に支持されたと思う」と選挙戦を振り返りました。

    また、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設計画については「これまで何度も申し上げているように、国と県とが争っている裁判の行方を注視していく」と述べました。そのうえで、「誠実に名護市の現状を国に話して、必要な予算をお願いする」と述べました。

    また、今回の選挙結果が秋の沖縄県知事選挙に与える影響については「何らかの影響を与えると思う」と述べました。

    関連ニュース
    沖縄 名護市長選 投票率は76.92%
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180204/k10011315131000.html

    ★1が立った時間 2018/02/04(日) 22:29:53.93
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517764913/-100
    【【沖縄】名護市長選 渡具知氏(56) 「若者」の支持を受けて当選wwwwwww】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/01/30 05:31:16.27 ID:CAP_USER9.net
    辺野古反対派の68歳女性、警察官蹴った疑い 公務執行妨害で現行犯逮捕
    2018.1.29 18:54
    https://www-sankei-com.cdn.ampproject.org/c/www.sankei.com/west/amp/180129/wst1801290068-a.html

     沖縄県警名護署は29日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動中に警察官を蹴ったとして、公務執行妨害の疑いで、住所、職業不詳、紫藤則子容疑者(68)を現行犯逮捕した。署によると、容疑を否認した上で「弁護士が来るまでしゃべりません」と話している。

     逮捕容疑は29日正午ごろ、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、警備をしていた30代の男性警察官の右膝付近を蹴った疑い。
     署によると、ゲート前では当時、移設反対派が工事関係車両の進入を阻もうとしていたという。
    【【沖縄】「弁護士が来るまでしゃべりません」 辺野古移設抗議の68歳女性が警察官を蹴った疑いで逮捕】の続きを読む

    1: 紅あずま ★ 2017/12/14 05:36:07.51 ID:CAP_USER9.net
    沖縄米軍、落下物はヘリの窓と認める「不安与えおわび」
    朝日新聞:2017年12月13日22時39分
    http://www.asahi.com/articles/ASKDF4QMBKDFTIPE01G.html

    eexZjh0qu6D

    小学校の校庭に落下した米軍大型ヘリコプターCH53Eの窓。沖縄県警が回収し、割れた風防の破片をはり合わせた=13日午後2時54分、宜野湾署、小山謙太郎撮影
    0WrpPFyhWiu



     13日午前10時10分ごろ、沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に隣接する市立普天間第二小学校の校庭に、米軍ヘリコプターCH53Eの窓が落下した。
    県警などによると、重さ約7・7キロで、体育の授業中の児童まで約13メートルしか離れていなかった。
    県は、県内の米軍機全機の飛行を中止するよう日本政府に求めた。

     小学校の校庭は、フェンスを隔てて飛行場と接している。
    県警などの説明では、落ちてきたのは金属製の窓枠(一辺の長さ93~65センチの台形)で、風防部分は砕けて周囲に散らばっていた。
    校庭では当時、小学2年生と4年生の計60人余りが体育の授業中だった。
    「バン」という音がし、衝撃ではねた小石のようなものが4年生男児の左腕に当たったが、けがはなかったという。

     学校は授業を打ち切り、午後1時すぎに全校児童を下校させた。喜屋武(きゃん)悦子校長は記者団に「許しがたい。憤りを感じております」と話した。

     在沖米海兵隊は、落下物は海兵隊の大型輸送ヘリCH53Eのコックピットの左側の窓と認めた。
    「極めて深刻に受け止め、原因を調査している。住民に不安を与え、おわび申し上げる」とのコメントを出した。

     現場を視察した翁長雄志(おながたけし)知事は、記者団に
    「沖縄だけが危険な目に遭い、子どもたちや県民の生命財産が脅かされている。差別的な安全保障のあり方を、政府と米軍にしっかり伝えないといけない」と語った。

     政府は、米側に原因究明と再発防止を求め、同型機の安全が確認されるまでの飛行自粛を申し入れた。
    菅義偉官房長官は会見で「学校の関係者のみならず、沖縄県民の方々に不安を与えるもの。あってはならない」と述べた。

     在沖海兵隊ナンバー2のポール・ロック准将は午後、県庁を訪れ「心からおわびを申し上げたい」と謝罪。
    落下事故後は同型機を飛ばしていないと説明した。
    富川盛武副知事は「一歩間違えれば人命に関わった。こういうことが続けば日米安保にも大きな影響が及び、協力体制にひびが入りかねない」と抗議した。

     宜野湾市では今月7日にも、近くの保育園の屋根の上で米軍ヘリCH53Eの部品が見つかっている。
    10月には東村高江で同型機が民間の牧草地に不時着し炎上する事故があった。

         ◇

     〈米軍普天間飛行場〉 宜野湾市の中央に位置し、約480ヘクタールと市面積の4分の1を占める米海兵隊の基地。
    沖縄戦で沖縄本島に上陸した米軍が集落をつぶして建設し、戦後も住民は周辺に居住地を指定されたため、基地を囲むように市街地が形成された。
    日米は1996年に全面返還に合意したが、県内移設の条件が付き計画は迷走。
    政府は今年4月から名護市辺野古沿岸部の埋め立てを始めたが、翁長雄志知事は県内移設に反対している。
    iiIq5a77RHI

    DRhudOX7cqd





    ▼関連スレ
    【沖縄】やはり起きた 米軍ヘリ窓枠落下 保護者ら怒りの声 「保育園に部品が落ちたばかり。許せない」★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513175981/
    【【沖縄】落下物はヘリの窓 在沖海兵隊「極めて深刻に受け止める。不安与えおわび申し上げる」】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2017/12/13 06:36:16.86 ID:CAP_USER9.net
    「触るな、けがれる」 辺野古抗議の市民に警官が発言 沖縄県警は「調査中」
    2017年12月13日 06:05
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/183301

     辺野古新基地建設への抗議行動に参加する男性(63)が12日、名護市安和の採石場前で男性警察官に「触るな、汚(けが)れる」と言われたと抗議した。別の警官と並んで歩き、肩に手を置きながら雑談していると、問題の警官が割って入って発言したという。県警は本紙の取材に対し「調査中」と回答した。
     男性は「抗議の市民は汚れている、と下に見る警察内部の差別的な教育が表れている。『土人発言』と同じだ。権力を持ち、公平中正であるべき警官は自ら言動を戒めてほしい」と話した。
     男性らによると、この日は採石場前に市民約40人が集まり、基地建設用の石材を運び出すダンプに抗議していた。機動隊員が駆け付けて市民を規制し、ダンプが出発した後の午前11時前、問題の発言があったという。
     昨年、東村高江の抗議行動参加者に対して大阪府警の警官が「土人」「シナ人」と発言したことが問題になった。当時、県警の警官も「触らんで、気持ち悪いから」「何が善良な市民か」などと発言した。
    【【沖縄】「触るな、けがれる」辺野古抗議の"市民"に警官が発言】の続きを読む

    1: ロンダスレ乱立茨城とは別人です ID:???

    辺野古 抗議のスカート 強制排除の姿勢、問題視

    抗議している私たちを人間として扱ってください-。
    名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で、そんな思いを持ち、スカート姿で新基地建設に抗議している女性たちがいる。

    女性たちは「シュワブゲート前で、機動隊による排除など人権侵害が日常的になっている。機動隊はスカートをはいた私たちを排除する際、私たちに尊重されるべき人権があることに立ち返ってほしい」と取り組んでいる。

    スカート姿で抗議しているのは宜野湾市の町田直美さん(61)や読谷村の垣内成(しげ)子さん(65)ら5人の有志でつくる「スカート・チーム」メンバー。

    8月に韓国人の司祭、キム・スンファン氏がシュワブゲート前を訪れ、韓国の済州島カンジョン村で行われていた軍港建設反対運動の状況を報告した。
    町田さんらによると、キム氏は「カンジョン村では女性の市民は女性警官が引き抜きを担当している。辺野古では男性の機動隊員が女性の市民に触り、暴力的に引き抜きを行っている。違いにショックを受けた」と、韓国と辺野古との違いを挙げていたという。

    町田さんらは、座り込む女性には女性警官が対応することなどを求めた「新基地建設反対座り込みでの女性取扱説明書」を作成し、現場の機動隊員に手渡し、9月末からスカートで座り込みを始めた。

    メンバーによると、初めのうちは排除の順番が後回しにされ「歩いてください」など促された。
    しかし、数回の取り組みの後からは、足を持たれて強制的に排除されるようになり、スカートの奥が見える状態だったという。
    4日もメンバーは足を持たれ、強制的に排除された。

    町田さんは「ゲート前では当たり前のように抗議する人が排除され、その様子を警察が撮影している。警察は人権を侵害していることに気付いてほしい」と要望した。(当銘寿夫)

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-624911.html
    Tad1Hchmhpn

    【【誰得】「韓国と扱いが違う!」わざとスカート履いて辺野古で座り込むサヨクババア】の続きを読む

    このページのトップヘ