新しいフォルダ(総合)まとめ

2chとかのまとめサイトかも。ニュースや時事ネタ、アニメ、ゲーム、ガジェット、芸能なんでも総合のまとめサイトを目指しますん

  • Twitter
  • RSS

    自衛隊

    1名無しさん@涙目です。2018/04/18(水)07:11:30.21 ID: 5ug+pSSi0●.net




    「身の毛がよだつ話だ」 罵声浴びせられた民進議員が防衛相の辞任要求
    2018年04月17日 17時22分
    https://www.nishinippon.co.jp/sp/flash/f_kyushu/article/409277/

    民進党の小西洋之参院議員は17日、幹部自衛官から罵声を浴びたことについて「身の毛がよだつ話だ。シビリアンコントール上、問題だ」と述べ、小野寺五典防衛相や河野克俊統合幕僚長の辞任を求めた。

    AS20180417002903_commL



    【【こにたん】小西ひろゆき「身の毛がよだつ話だ。シビリアンコントール上、問題だ!」 小野寺五典防衛相や統合幕僚長の辞任を求めるwwwwww】の続きを読む

    1: 通り雨 ★ 2018/02/19 08:17:52.82 ID:CAP_USER9.net
    http://news.searchina.net/id/1653694
    2018-02-17 05:12


     先日、豪雪に襲われた福井県の国道8号で、自衛隊が人海戦術で復旧作業を行ったことが広く報道されたが、自衛隊がこのように市民の身近なところで活躍する一方、長らく議論の的となってきたのも事実だ。中国でも自衛隊の動向はもちろん注目されているが、中国メディアの今日頭条は14日、日本の自衛隊の存在に危機感を示す記事を掲載した。

     記事は、日本の自衛隊が1954年に施行された自衛隊法によって設けられたもので、その起源は1950年に発足した警察予備隊にさかのぼると紹介。

     さらに、自衛隊の防衛費が膨大な金額に上り、ロシアよりも多く、中国、英国、フランスと同じほどで「世界で5番目」であると主張。しかし、実際には、2016年の軍事費を見ると中国は日本の4.5倍以上と推測されており、ロシアは言うまでもなくインドやサウジアラビアの方が日本の防衛費よりも多く、日本は軍事費ランキングでは8位とされている。記事のデータの根拠はどこにあるかは不明だが、日本の脅威を煽ろうという意図は明らかだ。

     続けて記事は、自衛隊の海外派遣にも言及。2002年のアフガニスタン、2004年のイラクなど多くの海外派遣の例があるため、中国からは憂慮や批判の声が多く出ており、自衛隊は「明らかに軍隊である」とし、「隊」をつけて呼ぶのは「不適切である」と主張した。

     中国では日本の軍国主義復活を煽るような論調が多く見られる。かつて侵略を受けたことで日本に強い警戒感を抱いているのであろう。(編集担当:村山健二)
    【【中国】「自衛隊は明らかに軍隊だ!」「隊をつけて呼ぶのは不適切だ!」】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2018/02/06 08:49:55.76 ID:CAP_USER9.net
    自衛隊のヘリが、住宅地に墜落・炎上し、1人が死亡、1人が安否不明となっている。
    墜落の瞬間をとらえた、ドライブレコーダーの映像。
    水平に飛行していたヘリコプターが突然、コントロールを失い、住宅地にほぼ垂直に落下していくのが確認できる。
    墜落したのは、陸上自衛隊目達原駐屯地所属の攻撃ヘリコプター「AH-64D」。
    5日午後4時43分ごろ、佐賀・神埼市の住宅街に墜落し、炎上した。
    目撃者は、「爆発音とともに、主翼のプロペラが折れて、そして機体が先に、真っ逆さまに2?3秒で、もう落ちた」、「プロペラの不具合かわからんけど、なんか、ギャーっていう、エアコンの室外機の故障したような、大きな音だった」などと話した。
    墜落したヘリコプターは、所属する陸上自衛隊目達原駐屯地から、整備点検後の試験飛行をしていたところ、南におよそ6km離れた住宅に、機首から落下した。
    墜落現場から200メートルほどの畑には、ヘリコプターのものとみられる部品が散乱。
    どの時点で落下したのかは、わかっていない。
    防衛問題にくわしい、フジテレビ・能勢伸之解説委員は、「テールローターが、なんらかのトラブルで、うまく働かないという状況になったときに、ヘリのパイロットの方たちは、基本的には、機首を前に倒して、それでメインローターの力だけで、とにかく前に進もうと。危険ではないところに向かって、進もうとしたのかもしれないですね」と語った。
    この事故で、乗員の自衛隊員・高山啓希1等陸曹(26)が死亡し、斉藤謙一2等陸佐(43)が、安否不明となっている。
    また、ヘリが墜落した住宅の小学5年生の女の子が、足に軽いけがをした。
    山崎幸二陸幕長は、「(墜落の原因について?)現在のところ、まだ不明であります。事故調査委員会を立ち上げましたので、しっかりと原因究明をしたいと思っております」と述べた。
    事故を受け、小野寺防衛相は、同型のヘリ12機の飛行を停止し、全てのヘリの点検整備を指示した。 (サガテレビ)

    ※動画はソース元にて
    ソース/FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00384083.html
    【【ソース元に動画】佐賀 自衛隊ヘリ墜落の瞬間とらえた映像】の続きを読む

    1: (^ェ^) ★ 2018/01/25 21:27:58.82 ID:CAP_USER9.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00050087-yom-soci

     今回の噴火で死亡した陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊の伊沢隆行陸曹長(49)が、部下の隊員をかばって噴石の直撃を受けていたことが25日、関係者への取材でわかった。

     一方、陸自と群馬県は同日、「遺族の了承を得られた」として伊沢さんの氏名を公表した。

     陸自や関係者によると、伊沢さんは23日午前9時50分頃、他の隊員7人と共に山頂から滑降を始めた。約10分後、スキー場北側の本白根山から轟音(ごうおん)が響き、噴石が降ってきた。すぐに全員がコース脇の雑木林に避難したが、林の中にも噴石が降り注ぎ、隊員たちは次々と倒れていった。伊沢さんは、近くにいた部下を守るように覆いかぶさり、その背中を噴石が直撃した。

     噴石がやんだ午前10時10分頃、隊員の一人が携帯電話で救助を要請。救助が到着するまでの間、伊沢さんのおかげで軽傷で済んだ隊員が、動けない隊員たちに声をかけ続け、伊沢さんは「肺が痛い」と話していたという。伊沢さんは麓に運ばれて救急車に乗せられたが、車内で心肺停止となり、午後0時半頃、搬送先の病院で死亡が確認された。
    【【噴火】部下に覆いかぶさり背中に噴石直撃…死亡陸曹長】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/10/28 23:05:34.19 ID:CAP_USER9.net
    陸上自衛隊によると、大分県で訓練中だった2等陸曹が銃剣や小銃などを携帯したまま行方不明になった。

    https://this.kiji.is/296992343306224737
    【【自衛隊】大分で訓練中の陸自隊員が行方不明!!! 銃剣や小銃持ったまま】の続きを読む

    このページのトップヘ